カートに追加しました。
カートへ進む
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE
  • M-1948 PARKA COYOTE

Arch

M-1948 PARKA COYOTE

¥140,800 税込み

弊社オリジナルレーベル「Arch」のM-1948 PARKAです。通称モッズパーカと呼ばれるM-1951、M-1965より前に、アメリカ軍がプロトタイプとして1948年の1年間のみ採用していたフィッシュテールパーカをベースとしています。

素材は1940年代当時に使われていた生地を分析、参考にして経糸30×2緯糸30×2の打ち込みのしっかりしたバックサテンを開発。アメリカ軍のバッグサテンという男らしい素材でありながら、通常のバックサテンでは見ることのないきめ細かな上品な光沢感も持ち合わせています。さらに加工されていない生地の段階で当時のオリジナルカラーを参考にし染色。これにはもう1つの要素があり、番手の細い糸を撚っている特性上、染めることで生地に独自の凹凸感が生まれています。

ファーの部分には当時と同じコヨーテファーを使用。現在はコスト面から雰囲気が似ているラクーン(狸)ファーが使われることが多いですが、コストを度外視して、あえて当時と同じ素材であるコヨーテファーを使用しています。ジッパーはTARON社製の物を使用。サイドにあしらわれているテープは、着込まれた後の雰囲気を考慮し、ここも敢えてコットン100%のヘリンボーンテープを使用することにより、ひとつひとつのパーツがさりげなく主張され、全体から醸し出される雰囲気を作り上げています。

ポケットの内側には、イングリッシュモールスキンを採用し、機能的な要素を優先しアップデート。「当時のオリジナルをリスペクトしつつも、決してレプリカ的なアプローチのみではなく、普遍的なアイテムをアップデートする。」これこそが、長年ヴィンテージを扱ってきた僕たちが理想とするモノづくりの本質です。ヴィンテージに精通したパタンナー、熟練の染め職人、日本が誇る高い技術力を持つ縫製工場、そしてそれら全てをハンドリングし細部のパーツに至るまで拘り抜いた生産管理が、チーム一丸となって制作したこだわりの1着です。

本体 : 綿 100%
ファー部分 : コヨーテ

Arch / M-1948 PARKA COYOTE
Price ¥140,800(税込)


(単位:cm)

サイズ 着丈 身幅 肩幅 袖丈
S 96.0 63.0 45.0 60.0
M 99.0 65.0 47.0 62.0
L 102.0 68.0 50.0 63.0
XL 104.0 71.0 52.0 64.0

Staff : 身長182cm 体重75kg
Size : XL着用